健康&美容CRF・健康と美の追求
トップページ サイトマップ お問い合せ
初めてのお客様 会員のお客様 事業内容
健康と美の追求「森と水の会」 健康情報
健康食品
健康講座
健康ダイエット
健康と美の追求「森と水の会」 美容情報
美容・美肌
美容・美髪
健康と美の追求「森と水の会」 インフォメーション
お客様の声
よくあるご質問
お客様窓口
E-mail

健康食品健康講座健康ダイエット

健康食品の活用

健康食品の必要性健康食品の活用
 
忙しい現代人にとって、ライフワークの変化や偏った食生活などで体に必要な栄養素をバランス良く満たすことは非常に困難な状況となってきています。
健康生活を維持するためには、健康食品などで補うのも一つの方法ですが、間違った選択をしないように、健康食品の正しい選び方について紹介しています。



資料提供・薬局薬房
サプリメントとお薬の飲み合わせについて
 
サプリメントとお薬の飲み合わせについて軽くお話します。欧米では、よく使われているハーブの一種のセント・ジョンズ・ワートは、抗うつ作用、抗ストレス作用をうたった健康食品です。このハーブと併用
によりお薬の作用が低下する薬剤もあります。
たとえば、気管支拡張薬、ジキタリス製剤(心臓の薬)抗てんかん薬、抗不整脈薬、経口避妊薬、ワルファリン(血液凝固阻止剤)抗HIV剤などの作用が低下します。
このようなお薬を飲まれている方は、セント・ジョンズ・ワートを飲まれるときには、医師、薬剤師にご相談ください。

その他のハーブのイチョウの葉、ガーリック、チョウセンニンジンが、ワルファリンの作用を強くするため、出血傾向になることもあります。

逆にお薬がビタミン・ミネラルの吸収を阻害する場合もあり、そのときは、服用時間をずらすことをおすすめします。またビタミン・ミネラルの代謝を促進する薬もあり、長い間のみ続けるとビタミン・ミネラルの不足することが予想されるため、そのときは、サプリメントで補給することをお勧めします。

ビタミン不足を起こす薬の例は、抗てんかん剤がビタミンD不足を起こし、抗結核薬、血管拡張薬などは、ビタミンB6不足を起こしたりします。
また、消炎鎮痛剤は、ビタミンCの吸収低下を起こす事もありビタミンC不足を起こします。
サプリメントがお薬に影響することもあるので、医師・薬剤師にご相談ください。

薬局薬房
http://www.iscat.co.jp/drug/



  
前のページへ
バックボタン

HOME | SITE MAP | CONTACT |
Copyright(C)2004-2013 健康&美容CRF. All Rights Reserved.